両親・親族との不仲は離婚原因になるか

結婚は本人たちの問題だけではなく家と家のつながりと言われています。
結婚する際に顔合わせをするのはそのためです。
今まで他人だった人と親戚関係になるということはとても重要なことです。
その後の付きあいが出てくるため、よく挨拶をし相手を知るということが必要となってきます。
結婚をした場合はお互いの相手の両親も自分の親となります。

 
ですがこの関係がうまくいかない場合があるのも事実です。
パートナーと自分の親が不仲になってしまった場合、夫婦が一緒に相手になれば問題はないですが、パートナーだけが孤立して不仲になってしまった場合は離婚原因となる可能性も出てきます。
自分の親とは血が繋がっているため血縁関係を断ち切ることができません。
親戚関係で問題が起こってしまったとき、実の親をとるのかそれともパートナーをとるのかはその後の結婚生活に大きく影響してきます。
実の親との縁を選ぶ場合はパートナーと不仲になってしまう場合もあります。

???? Vol.83 ?????????
どちらの味方になるかはきちんと考えなくてはいけません。
一生一緒に生きていくのはパートナーなので理想は結婚相手を選ぶことです。
それが一番安泰な選択と言えます。
ですが実の親をとる人がいるのも事実です。その場合は離婚の可能性が出るのでその覚悟もしなくてはいけません。

コメントは受け付けていません。